きれいな目

まつげ育毛剤は、まつげに栄養補給をすることで増毛や育毛、ダメージケアができるものです。ですが、せっかく毎日育毛剤を付けていても、正しい使い方をしていなければ効果が出ない恐れがあります。まず、まつげ育毛剤を使う際には、必ずまつげをきれいな状態にしておきましょう。特に夜に塗る場合は、メイクや汚れが残ったままになっていないかチェックしてください。

まつげに汚れやメイクが残ったまま塗ってしまいますと、美容液がうまく浸透しないため得られる効果が弱くなってしまいます。マスカラなど落ちにくいメイクは、落としたつもりでも汚れが残っている可能性があります。専用のリムーバーを使ってきちんとメイクを落としてからまつ毛育毛剤を使用しましょう。

また、まつげ育毛剤の正しい使い方で気を付けなくてはいけないのが、生え際もしっかりと塗るように心がけることです。既に生えている箇所だけではなく、きちんとこれから生えてくる箇所にも美容液を浸透させることで、より高い効果を期待することができます。忙しいからといって適当に塗るのではなく、1本1本丁寧に塗ることを心がけて使ってみましょう。そうすれば、きちんとまつ毛の生え際まで美容液を浸透させることができるでしょう。

次に気を付けなくてはいけないのが、決められた量と回数は絶対に守るということです。まつ毛育毛剤は、1回に使う量が決められています。たくさん塗ればそれだけ育毛・増毛効果が期待できるだろうと思って、たくさん塗る人がいますがそれだけは絶対にしないでください。決められた量以上の美容液がまつげに浸透することで、瞼に肌トラブルが起こったり、まつげの育毛を阻害したりするなどのリスクが起こる可能性があります。まつげ育毛剤によって1日に使用する回数や量は異なりますので、必ず使用する前に説明書を読むようにしましょう。

最後に気を付けなくてはいけないのが、まつげ育毛剤の効果がより出る時間帯に塗るということです。1日2回と書かれているから、好きなタイミングで塗ればよいという訳ではありません。ベストな時間帯を狙って塗ることで、美容液の効果を最大限に引き出すことができます。

まつげ育毛剤の効果を最大限に引き出すことができるタイミングは寝る前になります。メイクを完全にオフしてきれいになっている状態で塗ることができますので、美容液をしっかりと浸透させることができます。そのまま寝てしまえば、寝ている間も成分が浸透しやすくなるため一層効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

まつげにも寝ている間に細胞の新陳代謝が活発化する、ゴールデンタイムというものが存在します。ゴールデンタイムの間に良質な睡眠をとれば、より美しいまつげを手に入れることができます。まつげ以外にもスキンケアをきちんと行っておけば、一石二鳥で美しい肌も手に入れることができるでしょう。ゴールデンタイムの時間帯は、眠りについてから3時間後だと言われていますので、夜にきちんと美容液を浸透させた状態で眠りにつけると良いでしょう。

ただし、ゴールデンタイムの時間帯にまつげ育毛剤を塗って寝ていても、良質な睡眠でなければ意味がありません。細胞を活性化させるためには、いかに深く質の良い睡眠がとれているかが重要となりますので寝る前はスマートフォンをいじらないで静かな状態で眠りにつけるようにしましょう。また、入浴は寝る2時間前に済ませておくと良いと言われています。

心身ともにリラックスした状態で眠りにつくためにも、お部屋でアロマを使用したり、ハーブティーを飲んだり、ストレッチをしたりするのもおすすめです。まつげ育毛剤を正しく使って、効果を最大限に引き出しましょう。