• ホーム
  • 最強と言われるまつげ育毛剤ケアプロストの成分を調べてみました

最強と言われるまつげ育毛剤ケアプロストの成分を調べてみました

2020年03月24日
きれいな目元

まつげ育毛剤にはいろんな種類がありますが、中でも最強だと言われているのがケアプロストです。ですが、一体どのような成分が含まれているのでしょうか。ケアプロストは、インドの製薬会社が作った緑内障用の目薬です。緑内障用の目薬は、先にアメリカの製薬会社であるアラガン社がルミガンという医薬品を製造しており、ケアプロストはジェネリック医薬品になります。

製薬会社は異なりますが、成分や効能などはルミガンと差がないため安く効果の高い育毛剤であるということがわかります。ケアプロストは海外で製造・販売されているまつげ育毛剤ですが、インターネットで個人輸入を使用すれば簡単に手に入れることができます。価格も抑えることができますので安く確実にまつげの育毛が可能となります。

ですが、副作用がまったく無いわけではありません。医薬品になりますので色素沈着や目のトラブルが起こる可能性があります。色素沈着は、薬剤がまつげ以外の箇所に付着した場合に起こります。そのため、使用するときは必ず専用のアプリケーターを使い、まつげの根元だけを塗るようにしなくてはいけません。万が一まつげ以外の箇所に付着した場合は、速やかに除去するようにしてください。

また、それ以外にも目のかゆみや充血が起こる可能性があります。育毛剤が万が一目に入ってしまった場合に起こるリスクが高くなりますので、必ず目に入らないように注意することが重要となります。トラブルが起こってしまった場合には、使用を中止してできる限り早く医師に相談することをおすすめします。

このように、ケアプロストは使い方に気を付けなくてはいけないことが多くありますが、主成分はビマトプロストであり高い効果が実感できるものです。ビマトプロストは、毛包を刺激して活性化する効果があり、まつげにハリを作ることが可能です。また、メラニンの生成をサポートする効果もあることから、まつげの色もしっかりと濃くすることができます。それ以外にも、成長期を長くする働きもあることから、まつげが伸びる期間を延長して長くすることができます。

ケアプロストで効果を長く実感するには、薬を長く使い続けることがコツとなります。しかし、ほかのまつげ育毛剤に比べますと安価で手に入れやすいことから、継続をしても負担にはならないでしょう。色素沈着などの副作用のリスクはありますが、育毛剤の使い方を工夫すれば問題なく使用することができますので、是非最強と言われるケアプロストを試してみることをおすすめします。